価値観の一致と営業の人柄が
決め手となりました

インターデコハウスのモデルハウスへ行ったとき、はじめて営業の方に出会いました。将来、家を建てる時の参考程度に見学へ行ったのですが、タイルキッチンに妻は釘付けでしたね。それから他のハウスメーカーを見ながら、3年の月日が経ちました。その間に、夫婦でヨーロッパ旅行をし、ホテルや街並みを見て、今までの自分たちの価値観がガラリと変化。輸入住宅に暮らしたいという気持ちがわき上がってきたのです。

デコの営業の方に出会ってから3年間、音沙汰のない私たちにずっとDMを送ってくれました。その情報のもと、モデルハウス見学へ行き、営業の方と再会したのです。私たちが望んでいる細かいところの価値観をデコはきちんと把握してくれました。そして最後は営業の方の「人柄の良さ」でデコで建てることを決断。デコの営業の方は、営業マンっぽくなく、押しが強くない、でもしっかりと提案をしてくれる、バランスの良い人ですね。この人と一緒に家づくりがしたいと思いました。

私たちの中でできあがっているイメージを伝えると、すぐにカタチにしてくれました。今までは自分たちのイメージを伝えても「それはちょっと...」「ムリです」という答えが返ってくることもありましたが、デコは「もちろん、そうするべきです」「いいですねぇ、やりましょう」というように、自分たちの理想の形が当たり前のように揃っていたのです。またデザインばかりではなく、メンテナンスフリーなどハード面にも配慮していることも教えてもらいました。

どんなにいいハウスメーカーでも、最後は営業さんの人柄や相性で決まると思います。自分たちのこだわりに共感してくれる人に頼めば、家づくりが楽しくなると思います。私たちは、デコの営業の方と一緒に、楽しく家が建てられました!

外構はリフォーム&ガーデンに依頼。来年の春にはチューリップが咲くそう。
清潔感たっぷりのホワイトタイル貼りのキッチン。一目惚れしたモデルのキッチンを参考に。
開放感たっぷりの吹き抜けのダイニング。朝食は、心地よい朝の光がさし込むそう。 将来的に家族共有のパソコンスペースに。こもらないようにあえて2階ホールに設置。
ホワイトのケーシングにこだわったリビング。空間をピリリと引き締めるアイアンがポイント。 「私たちが考えたプランを営業の方にダメ出しされましたね(笑)。一緒に家づくりをしたという感覚が強いです」とKさんご家族。
インターデコハウス札幌
インターデコハウスラインナップ
Back スパニッシュバリエ Next