自分たちの好みを伝え
ぬくもりある家で子育てを

一戸建てとマンションを迷いながら、色々なモデルハウスへ足を運んでいました。他社のイベントへ行ったときにタスカンメディオを発見!早速、家に帰りインターネットで検索をして、資料請求をしました。オープンハウスお知らせのDMが届いたので、いざ見学へ。家の中に入った時は、衝撃的でしたね。今まで見てきたものとは全く違いました。でも「高いんでしょ...」と思いながら話を聞くと、自分達でも手が届くくらいの金額!それからたくさんのオープンハウスを見学に行き、デザイン性と予算の両方に満足したので、インターデコハウスに決めました。

プランづくりは、まず要望をたくさん言いましたね。営業の方は、私たちの要望に対して、確実に答えをくれました。実際、営業さんの対応の悪さでイヤになったハウスメーカーもあったので...。主人の要望は書斎、大きなバスルーム、ウッドデッキ、和室。私はキッチンとドッグスペース、そしてインテリアにこだわりました。将来、大型犬が欲しくて一戸建てにしたという理由もあり、周りからは反対されましたがドッグスペース設置の決意は固かったです(笑)。インテリアは、ゴテゴテしすぎず、おしゃれ感を大切にして、ステンドグラスやアール状の天井を用いました。コーディネーターさんと話をしていくうちに、好みを把握してくれて、いくつかの候補の中から、アイテムを選んでいくスタイルだったので、とてもスムーズでしたね。

当初、主人はスタイリッシュな家が欲しいと言っていたのですが、今では「この家がすごく落ち着く」と大満足。子育てをするにも、ぬくもりのあるゆったりとした家が理想的なんでしょうね♪ 私たちはお金のことを気にせず、やりたいことをどんどんと言いました。自分たちのことをわかってもらうことが大切なんだと思います。これから子どもも生まれるので、お庭をつくったりしながら、もっともっと素敵な家にしていきたいです。

「やわらかいイメージの家にしたかったんです」と幸せそうな笑顔で話すNさんご夫婦。
子どもが遊んでいるのが見えるように対面式キッチンに。キッチンの照明はお気に入り。
ムラのあるピンク色の塗り壁の外観。コンセプトはアポロ。 一面だけオレンジの壁にしたトイレ。タイル貼りの手洗いカウンターはとっても便利。
ご主人がパソコンや読書をするための書斎。紫のクロスで落ち着いた雰囲気に。 ウッドデッキへの出入りができる窓の入口はホワイトのタイル貼りに。カーテンポールや照明はアイアンで統一。
インターデコハウス札幌
インターデコハウスラインナップ
モデルを参考に壁を波状にして、
ポイントにステンドグラスをあしらいました。
Back スパニッシュバリエ Next